太陽光発電訪問販売業者に要注意!

太陽光発電システム訪問販売業者のトラブル

国民生活センターに寄せられた太陽光発電関連の相談数

太陽光発電購入者の約7割は訪問販売業者で設置しているそうです。もちろんですが、全ての太陽光発電の訪問販売業者が悪いわけでは決してありません。適正価格で販売活動をしている訪問販売業者も大勢いらっしゃいます。
しかしながら、訪問販売業者の一部には常識の範囲外での価格で設置をする悪徳業者がいるのも事実です。
太陽光発電システムは昨今の電力不足、国や各自治体の補助金の充実から太陽光発電システムの需要は増えており、様々な業種から太陽光発電業界に参入してきています。

それに伴って国民生活センターのソーラーシステムに関するトラブルの相談も増加しています。
そしてその相談の多くが訪問販売に関するものです。


国民生活センターにおける相談の具体的な事例を抜粋すると、

・3カ月前に太陽光発電の契約をしたが、今になって屋根の強度不足によりパネルの容量が見積りとは異なり、メーカーも変更すると販売業者から言われた。解約したい。

・太陽光発電システムを契約し、業者に補助金の申請手続きも依頼したが、半年たっても補助金が入金されず、業者とも連絡が取れなくなった。どうしたらよいか。

・売電目的で太陽光パネルを増設したが、電力会社が買い上げてくれない。解約を申し出ると、「買い上げない場合もある」と契約書に記載があるというが、解約したい。

・環境調査だと言い自宅を訪問されたが太陽光発電システムの勧誘だった。長時間居座ったうえで悪態をつくなど悪質なので、情報提供したい。

・昨年暮れに訪問販売で太陽光発電の契約をして代金の8割を払ったが、約半年過ぎた今でも取り付けてもらえず、業者との連絡もとれない。

など代金を支払ったのに、設置自体がまだできていない等のかなり悪質なケースもあるようです。

太陽光発電訪問販売悪徳業者の巧妙な手口

悪徳業者は、

『今だけ!』『キャンペーン中』『地域限定』『期間限定』『モニター料金』『この地域で実績をつくるために一件だけ』

といった目の前のこの機会を逃すと後悔するかのようなセールストークをする傾向にあります。

具体的には

『お宅の家は屋根が南に向いていて、太陽光発電システムを導入するのには、最適です。只今モニターキャンペーンを実施していまして、先着5件だけなのですが、通常価格よりもはるかに値引きして特別価格で設置できるんです。現在大変ご好評をいただいておりまして、申し込みまであと2件なんですよ。』

といったセールストークです。
ほかにも、

『今日契約していただければ特別に30万円値引きします!』
『キャンペーン期間は今日までなので今日契約をしないと損ですよ。』


と、その場で契約を迫ってくるような業者には要注意です。

無料!楽々【わずか2分】で完了。一括見積はこちらクリック

太陽光発電見積もり依頼に関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。 グリーンエネルギーナビのページへ移動します。

後悔しない太陽光発電施工・販売店の選び方

後悔しない太陽光発電施工・販売店の選び方

ポイント①:実績、経験がしっかりあるか?

太陽光発電システムの設置経験がこれまでに十分あるかは重要な要素の一つです。
全てのシステムが一つとして同じものがない太陽光発電システムは完全オーダーメイド商品ですので、やはり導入実績のある施工販売店の方が良いでしょう。
太陽光発電システムは何十年と使用するものです。後々施工が原因でトラブルを起こさないためにも経験やノウハウがある業者を選びましょう。

ポイント②:現地調査をしっかり行った後に、正式な見積もり提案をしてくれるか?

日本の屋根の種類は非常に様々です。太陽光発電システムは数多くの種類の屋根に設置されますので、完全オーダーメイドと言えます。それ以外にも、屋根に影になる部分があったり、実際に現地に出向かないとわからないこともあります
正しい提案を行うためには現地で、屋根に登って調査することは必須です。現地調査を飛ばして、設置を促すような業者には要注意です。

ポイント③:メンテナンスや急なトラブルに対応してくれるか?

太陽光発電システムは、メーカーの保証とは別に施工販売店側でも保証をつけるケースが多いです。またその保証内容も各施工店によって様々です。
万が一トラブルが発生した時に駆けつけてくれるか、無料定期点検サービス等を実施している施工販売店も多数ありますので、基準の一つに置くのも良いでしょう。

ポイント④:見積もり書の詳細まで出してくれるか?

太陽光発電の見積もり書には、システム機器と施工に関する価格が明記されています。システム機器の明細は、太陽電池モジュールのほか、パワーコンディショナ、架台、部材など。施工の明細は、電気工事費の他、屋根にモジュールを設置するための架台設置費や、モジュール設置費などが記載されています。
『太陽光発電システム一式』というような大雑把な見積もりではなく、太陽光パネルをどのように設置するかという設計図面と上記のような詳細の見積もり書を提出してくれるかどうかも、重要なポイントとなります。

ポイント⑤:コミュニケーションが取れてその業者を信頼できるか?

契約を急がせたり、過剰なセールストークをする業者ではなく、あなたが少しでも不安に思うことや、希望することなどに対してしっかりと応えてくれるかどうかはとても大事です。
太陽光発電システムは設置して終わりというわけではないので、必然的に施工会社とも長い付き合いになります。あなたの意見をきちんと聞いてくれる会社なのか、メリットだけでなくデメリットに関してもキチンと説明してくれる会社なのか、しっかりと見極めましょう。

無料!楽々【わずか2分】で完了。一括見積はこちらクリック

太陽光発電見積もり依頼に関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。 グリーンエネルギーナビのページへ移動します。

※【重要】お客様へ
近年太陽光発電システムが普及してきたと同時に、悪質な訪問販売営業、電話営業が増えたことにより、 市場価格とは大きく単なる価格で太陽光発電を設置される方が急増しています。まずは、無料で一括見積りを ご利用していただき、優良企業から見積もりをとってみて、適切な価格と比較してみてください。

▲ページTOP